総量規制外のカードローンには、銀行カードローンの他にも貸金業者のビジネスローン(事業者向けローン)や不動産担保ローンがあります。事業者向けローンや不動産担保ローンを利用するためには、会社の事業または担保となる不動産物件の査定を受ける必要があります。
総量規制対象外で手軽に融資を受けるのであれば、大手よりも中堅規模の貸金業者の方がおすすめです。中堅規模の貸金業者は地元密着型の金融サービスを行っています。中堅規模の貸金業者はサービスを利用できる地域が限定されているものの、営業区域内の事情によく精通しています。そのため、担保物件の査定や地元の零細企業の業績を正確に評価することができます。全国展開している大手の金融会社でも有担保や事業者向けのカードローンを取り扱っていますが、地元の事情にあまり詳しくありません。このため、担保物件の価値を低めに査定したり、自営業者の業績を実際よりも低く評価されてしまう傾向があります。中堅規模の貸金業者の方が担保価値を正確に査定・評価することができるため、大手よりもおすすめです。
大手の金融会社でも総量規制対象外の不動産担保ローンやビジネスローンは基本的に高額融資を行います。このため、担保となる不動産物件も相応の価値が求められます。大手の金融会社であればビジネスローンの貸し付けを行う際に、売上高が少ないと融資が受けられない場合があります。これに対して中堅規模の貸金業者は融資金額が少なめですが、担保価値の低い物件や売上高が少ない事業でも融資が受けられる場合があります。中堅規模の貸金業者の中には貸金業を始める前に不動産業を行っていた会社もあり、このような業者は不動産物件の査定を強みとしています。
総量規制対象外のローンを利用するのであれば、大手よりも地元密着型の中堅規模の貸金業者を利用した方が有利な条件で融資が受けられるケースが多く、おすすめです。

Comments are closed.

Post Navigation